マイクロニードルパッチに副作用はあるの?安全性を成分から徹底検証

マイクロニードルパッチに副作用はあるの?安全性を成分から徹底検証

 

貼って寝るだけで、翌朝目元がふっくらした!

 

と口コミで評判のマイクロニードルパッチ

 

アットコスメなどの口コミを見ると、

 

「パッチ貼るとチクチクする」

 

といった声をチラホラ見かけます。

 

マイクロニードルパッチに副作用はあるの?

 

結論からいうと、
副作用のリスクはかなり低い

 

と言えます。

 

理由は、マイクロニードルパッチは「医薬品」ではなく「化粧品」だから。

 

ですが、体質によっては肌に合わない場合がありますので、注意が必要です。

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

 

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の違い

まずは、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の違いを知っておきましょう。

 

スキンケア商品には、「薬事法」により、

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

の3つに分類されます。

 

 

医薬品

「医薬品」とは、その名の通り、病気の「治療」を目的としたお薬のこと。
配合されている有効成分の効果が厚生労働省に認可されたものです。

 

医師が処方する「医療用医薬品」と処方箋なしでドラッグストアで購入可能な「一般用医薬品」があります。

 

 

医薬部外品

「医薬部外品」とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているもの。
医薬品と化粧品の中間にあたります。

 

「治療」というよりは「予防」を目的に作られたものです。

 

医薬部外品として分類されるには、効果のある有効成分が配合されているけど作用が弱く、副作用の危険性がないことが条件となっています。

 

 

ちなみに「薬用」とは「医薬部外品」で認められている表示。
つまり「薬用 = 医薬部外品」となります。

 

 

化粧品

「化粧品」とは、医薬部外品と比較しても、さらに効果・効能が穏やかなものです。
それゆえ、副作用のリスクはほとんどありません。

  • 清潔にする
  • 美化する
  • 魅力を増す
  • 健やかに保つ

などの目的で使用される製品のことです。

 

厚生労働省の認可がなくても、メーカー側の判断で開発できるようになっています。

 

当サイトで紹介しているマイクロニードルパッチはすべて「化粧品」に分類されていいます。

 

 

まとめ

副作用のリスクとしては

 

医薬品医薬部外品化粧品

 

となります。

 

基本的には、化粧品は副作用のリスクはかなり低いと言えます。

 

ただし、化粧品は皮膚などに直接的に長時間接触するもの。
化粧品の成分と使用者の体質が合わないと、皮膚のかぶれや肌荒れなどの身体へのトラブルが発生する可能性はゼロではありません。

 

なので、肌の強い・弱いに限らず、人工添加物をできるだけ使用していない肌に優しい商品を選ぶと良いでしょう。

 

 

 

マイクロニードルパッチの成分

マイクロニードルパッチの主要成分はヒアルロン酸。
次いで、プラセンタやコラーゲン、ビタミンCなどが多く配合されています。

 

当サイトのおすすめランキングで1位となっているヒアロディープパッチの成分を調べてみました。

 

○ヒアロディープパッチの全成分

ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、グリセリン、アデノシン、
ユビキノン、パルミチン酸レチノール、コーン油、マンニトール、トコフェロール、
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フェノキシエタノール、水添レシチン、
コレステロール、キサンタンガム、ココイルサルコシンNa、
ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

 

オイルゲルシート部分(粘着部分)の成分

スクワラン、水添(スチレン/ブタジエン)コポリマー、
オリーブ果実油、(スチレン/イソプレン)コポリマー

 

ヒアロディープパッチは、

  • 香料
  • 着色料
  • パラベン
  • アルコール

などの人工物は不使用。

 

肌に不要なものは除いて、ヒアルロン酸をメインに作られています。

 

ヒアロディープパッチには、パラベンのかわりの防腐剤として、「フェノキシエタノール」が使われています。
フェノキシエタノールは、試験データで皮膚刺激性および皮膚感作性はほとんどないと報告されています。
安全性に問題のない成分です。

 

保湿目的の水添レシチンも安全性の高い成分です。

 

また、ヒアロディープパッチは、第三者機関にて、パッチテスト合格済みの商品。
安全性には高い評価がありますし、サポート体制も充実していますので、おすすめです。

 

 

 

副作用のまとめ

当サイトで紹介しているマイクロニードルパッチは化粧品に分類されているため、副作用のリスクはほとんどないと言って良いと思います。

 

「貼るとチクチクする」
は、マイクロニードルが十分に肌に密着した証拠です。
突起型のニードルなので、はじめは直接触れる部分がチクチクしますが、
10〜15分ほどでニードルの先端が溶け始めて肌になじみます。

 

「ヒリヒリする感じがする」
は、肌内部で溶けたヒアルロン酸が水分を貯めこんで膨らんでいるため。
ヒリヒリ感には個人差がありますが、これは良いサインとのこと。

 

ちなみに、肌が乾燥している状態で貼ると、ヒアルロン酸の針が溶けるのに時間がかかるため、ヒリヒリを感じる時間が長くなるそうです。
気になる方の対策としては、化粧水や乳液などでしっかり保湿してから貼ると、ヒアルロン酸の針が溶けるのが早くなり、ヒリヒリを感じる時間も短くなります。

 

ただし、小じわが気になる目周りは、皮膚は特に薄くデリケートな箇所です。
もし、万が一肌に合わないなと感じた場合は使用を控えるようにしましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加